おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

思いを馳せる

f:id:coucou143:20180517125943j:plain


どうも、あかいろです。
ようやく暖かくなってきたと思いきや、夏か?と思うくらい暑くなったり、次の日には雨が降って気温が下がったり・・・。
体調管理に気をつけます。



さて、最近観劇カテゴリのブログをたくさん読むようになり、うふふ微笑ましいなあとか、たしってまだまだだなあとか、いろいろ考えることもありました。
そんな中で、自分にとっての「推し」とは???みたいに思うようになったので、今回はそんな話を。




 
大人になってから観劇をして、そして「趣味です」みたいな顔ができる回数こなして、まだそんなに日が経ってないんですね。
しかも地方の弱小クラスタなのでキャストには申し訳ないけど、そんなに通える訳ではない。
わたしの「推し」という概念があやふやなので*1、この人を推してます!みたいなことって言えないんですけど。
多分雰囲気としては「いずれご贔屓になりたいです」くらいの方が近いかな。

強いていうなら

自分の中で、この人のために観劇したいなと思える方は2名いて、だからその方々を仮に推しA、推しBとすると、
Aさん:ダンサー出身のおじさま俳優。悪役をたくさんされているからか私服もちょい悪。バリトン、もしくはバスの声域で、男らしく、なおかつセクシーな歌声です。
Bさん:某大手劇団所属。ある作品にだけ出演されていて「作品契約か???」と思ってしまったけど、最近違う役につきました。おめでとう!(ドンドンパフパフ)




観劇の思い出にいくらでもひたっていられるタイプなのですが、舞台はある程度金落としてなんぼ!は思ってはいます。
というかもう生の声の迫力を知ってしまったから、


へへ、もう前のなまっちょろいのじゃ満足できなくなっちまったぁ…!


って感じかな。*2
CDで聴いたりしても、生の音声には圧倒的に敵いませんから。




▲寝転がりながら考えるあかいろの姿




Aさんって需要は絶対あると思っているんですけど、いかんせん露出が少なくて死にそう・・・。
前述した通りもう若くはないので、お身体のメンテナンスは長くとるタイプみたいです。
実力と人気の問題・・・???いや、考えたくない。
むしろ実力は十二分にあると思っています。
主役でセンターはるような人ではないのですが、どっしりと舞台を支えるバイプレ的な感じ。


舞台以外にもWSの講師とかも結構やってるみたいだし、そういうのもあるのかなあ。
ちなみに来年の冬まで露出ないんですけど・・・?????
わたしより彼の懐の方が心配になってきますね。



Bさんは大手劇団すぎて全然チケットとれません。
しかも今やってる公演が、もう、クソほど人気*3なので、直近はマジで無理っていうね。
無理したり、見切れとかなら観られますけどね。
抽選とかでないなら、初見はやっぱりセンブロで観たいというワガママウーマンなので、ちょっと考えています。


元々同じ公演(仮に公演Aとします)だけに出演していたので、Bさんに会うためには公演Aを観るしかありませんでした。
繰り返し同じ公演を観ていて、公演Aが好きなんだと思っていたけど、わたしはやっぱりBさんが観たくて劇場に足を運んでいたのだと思います。
新しい公演に出演するようになり公演Aに出なくなってから、足が向くこともなくなりました。
公演Aはもうすぐ千秋楽を迎えますが、きっと行くことはないでしょう。




なんか、余談なんですけどね。
チケット取れないってことを口にするのって嫌なんですよ。
だって「いや取ろうと思えばいくらでも取れるだろ」「金なら作れ」「時間なら作れ」みたいな意見いっぱい見てしまったんです。



正直言って、本州はどこでも海渡ってかないと行けない民にとっては遠征ってそんな楽じゃありません、懐的にも精神的にも。
人と比べる必要はない、そして比べられるいわれもない、そう分かっていても複雑・・・




あと、この間東京行ってして思ったんですが、わたしマチソワとか体力的に無理そう。
連日、っていうのは全然いけるけど、Wキャストとかでない限りは2回が限度ですかね。
映画とかも3回目は観に行けないタイプだから。それでも一般人からしたら行ってる方だけれど!



お金落としたくても、公演がなければ行くことはできない。
あったとしても体力的に時間いっぱいとか無理。
どんな弱小なんだよ〜〜〜引くわ〜〜〜〜〜。




まあ、そんな感じですが、ゆるゆる楽しんでいけたらと思っています。
次の遠征はいつ頃かな…と考えているうちが一番たのしい。


では、また!





*1:DD気味

*2:わたしは正常です

*3:ラングイッジ