おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

お気に入りのブルー系インク

f:id:coucou143:20180515201915j:plain



インクはブルー系統が好き。
どうも、あかいろです。


近頃は万年筆にブルーもしくはブルーブラックばかりを飲ませています。
手紙や手帳に使うには、定番ですが、ブルー系統がすごく使いやすいです。
購入するインクも、やっぱりブルー系が多くなってきます。


今回はそんな話を。
あ、ちなみにこれもアフィではありません。ただ写真を撮るのをサボっただけです。




Pelikan Edelstein『TANZANITE』



わたしが一番気に入って使っているインクです。
このインクはわたしが知っているブルーブラックで、一番暗く黒に近いブルーブラック。
ちょうどジェルインクボールペンのブルーブラックのような感覚で使える色です。


わたしはこの色をセンチュリー#3776ブルゴーニュの極細に入れて使っているのですが、それでもしっかり視認できるくらいの濃さがあります。
まあ、上記の万年筆以外にも、手持ちの子にはたくさん飲ませて使っています。



また、どんな万年筆に入れても滑らかな書き味なので、インク自体が優しい作りになっている気がします。*1



とても気に入っているTANZANITEですが、水に大変弱いので、宛名に使ったりすると目も当てられないと思います。
自分の手汗で死んだりするのは困った・・・




PILOT 純正ブルーブラック



手持ちの万年筆では、PILOTの物が一番多いので、このインクを選ぶことが多くなりました。
このインクをブルーブラックという認識で使っている訳ではなく、ブルーという認識です。
ブルー"ブラック"というには色が明るいな、と思いますが、色としてはすごく好きな色です。



少しグレーがかった彩度が低めのブルーです。
いろんな場面で使いやすい色なので、複数本に入れて、あれ?毎日このインク使ってるな・・・?とか、持ち歩いてる万年筆に入ってるの全部このインクだな・・・?とか思って使っています。




色彩雫『月夜』



流石、色彩雫の中でNo.1人気を誇るインクなだけあり、とても綺麗な色です。
すこしグリーンがかったブルーブラックなのですが、その塩梅が絶妙で、普段使い出来る程度のニュアンスです。
ブルーブラックですが、中字以上の字幅で使うと濃淡がある色です。


色彩雫はネーミングセンスも最高。
なんでこの色が『月夜』なんだろう。
この名前が生み出されたヒストリーが知りたいです。




Kobe INK物語『摩耶ラピス』



紫がかった鮮やかな青のインクです。
多少レッドフラッシュが出るので、好き嫌いが分かれるかもしれません。
けど、わたしはこういった色は大好きです。
色彩雫朝顔よりもう少し赤みが強いかな。


Kobe INK物語はブルー系インクがとっても多いですよね。
青って好みがすごく分かれる色だと思うし、種類も多いから悩んでしまいますね。
このシリーズの中だと六甲アイランドスカイ』も持っているのですが、こちらもとても綺麗なので、併せておすすめします。




まとめ


ブルー系インクとかいってブルーブラックばかりになってしまいましたね。
やっぱり使いやすいから、つい色んな軸に入れてしまうんですよね・・・。
みなさんのお気に入りのブルー系インクも教えていただきたいです。


以上、ではまた!






*1:そんな話をどこかで聞いたことがある