おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

インク沼とコスメ沼は似ている

f:id:coucou143:20180416200627j:plain



どうも、あかいろです。


突然ですが、わたしの万年筆以外の趣味は、メイクとコスメ集めです。
今は落ち着きましたが、一時期は個人輸入にも精を出し、海外コスメもよく買っていました。
けど、高い送料や関税を考えると、日本の物の方が優秀だよなって気づいて、買うのをやめました。


海外コスメは色の派手さとか発色の良さが好きな部分なのですが、最近は派手なメイクしなくなってしまったしね。



さて、コスメを集めることと、万年筆やインクを集めることって似ているなと思っていました。
なので今回はその話を。





元々わたしは「色」そのものが好きで、色見本帳なんかを見ているだけで楽しめる人間です。
デザイナー向け?の本で、色の組み合わせ見本のようなものがあるんです。
例えばこれとか。


色彩センス

色彩センス


これ、単純に参考になるしパラパラ見ているだけで楽しいのでおすすめです。
絵描きさんなんかも色の参考になるんじゃないかな。




あまり買わなくなってしまったけど、今でもデパートのコスメ売り場はしょっちゅうウロウロしています。



カラフルなアイシャドウが並んだパレット。
鮮やかな色から暗めのトーンまでが集まった口紅たち。
パッケージも華やかで、持ち歩くだけで幸せになれるだろうと想像できるコスメばかり。


わたしにとってコスメ売り場は宝箱のように、キラキラしてワクワクする場所です。



数年前、社会人になってからコスメにどっぷりハマりました。
確かキッカケはYoutuberの佐々木あさひさんです。
その当時はYoutuberなんて言葉もありませんでしたが、彼女は、現在はたくさんあるメイク動画の先駆けの人で、アートと呼べるような素晴らしい動画をたくさん投稿していました。
最近のメイク動画はあまり観なくなってしまったけど、彼女は今も別格です。


余談ですが、choicerishことちひろさんがすごく好きでした。
もう活動されていないみたいで悲しいです…。
2012年くらいがメイク動画が、というかYoutubeが一番面白い時代だった気がする。*1



今思うとお登りさんみたいで恥ずかしいんだけど、札幌にデパートコスメがあるとかってあまり知らなかったから、東京へ父に会いに行ったときにMACのシングルアイシャドウを初めて買いました。
その時はメイクもまだまだ下手だったけど、本当に嬉しかったなぁ。




1色ずつのシングルアイシャドウが好きで、特にMAC、NARSやADDICTIONはよく買ってます。
ラメがギラギラしているものよりも、角度に変わるとツヤがあるように見える、ベルベットのような輝きのものをよく使います。


ときどき宝箱をひっくり返すように、集めたコスメたちを取り出して眺めます。
中にはもう使えなくなってしまったものもあるんだけど、それでもパッケージが気に入ってるものとかは捨てられなくて、とっておいています。
眺めるだけで幸せにしてくれる、わたしの、色のコレクションたちです。




万年筆やインクも、色を集めている感覚は同じです。
だからインク見本とかを作ったりするの、すごく楽しいんですよね〜!!



インクとかはそれに加えて色名のロマンがある。
コスメにも色名はあるけど、個人的にはそちらは重要ではありません。


その色と色名の組み合わせに感じるストーリーが、たまらなく愛おしく感じる。
そういう情景を少しずつ切り取って集めている感覚です。楽しい。


とは言えわたしはまだインク沼の浅瀬にいる…と思いたい……!



わたしが好きなのは赤と紫。
万年筆を全部並べた時の色の偏りに思わず苦笑しました…。
中々派手な好みですけど、色の強さが、わたしを元気にさせてくれる気がする。
好きな色に囲まれてるのは、やはり幸せです。



以上。では、また!






*1:懐古厨乙