おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

劇団四季『ライオンキング』を観劇したら推し俳優に出逢いました

f:id:coucou143:20171031095955j:plain




どうも、あかいろです。



今回は今年になってハマり始めた観劇について。
最後に観たのがもう数か月前で、すっかり鮮度を失ってしまった劇団四季『ライオンキング』の感想を!


っていうか、推し俳優さんの話です。
なのである方を中心に感想を書いてしまいました…。
今回のブログ、観た当日の覚え書きを元に作成しています。
だから興奮そのままに、支離滅裂でお送りします!←


※ネタバレやヲタ発言に注意!




初見で推しができた


わたし初めて『ライオンキング』を観たのは今年の3月か4月だったんですけど、その日に推しができてしまいまして。
その方の名前は 韓盛治さん といいます。


この方ね、本当にイケボなんです。
よく、イケボ()みたいなのありますけど、そんなんとレベルが違う。
一緒に観た女性が、全員一致で「イケボだ…!」って感嘆してました。



そんでもってわたしは無類の悪役好き。
大体ディズニーとか観ると一番印象に残っているのはヴィラン


その当日韓さんが演じていたのは、バンザイというハイエナトリオの一匹だったんですが、
端役と言ったら失礼だけどそんな下っ端悪役なのに、まーーーーいい声だし、歌が上手!
褒め言葉が稚拙すぎるけど!



好きなキャラ演じてるなら行くしかない

その後、最後にライオンキングを観たのは8月なんですが、そのとき韓さんは何を演じていたと思いますか?


一 番 好 き な キ ャ ラ の 、 ス カ ー だ よ ! ! !


わたし、道口瑞之さんが演じていたスカーがとっても気に入っていたんですが、バンザイを演じてた、あの、韓さんがスカーを演じるだと!!!!?と思い、見つけた瞬間即席とりました。
そして次の日観てました。興奮しすぎて観た後ちょっと疲れてた。



とにかくエロいスカー


オープニングのネズミ食べるシーンだけで「このスカーは推せる」と思いましたね。
「人生は不公平だ」言い方!!!


バンザイの時より声が高く聞こえたのがちょっと意外。
そんでもって鼻から抜けるような声っていうのかな? エロい!!!!
通常が高めだから、歌う時の低音がすごい響いてた。
それでいて聞き取りやすいってなんなの?死ぬの?(わたしが)



韓さんの演じるスカーは冷酷で、無表情な場面が多い印象。
「あ、このスカー無感情で人殺せるな」という恐ろしさがあります。
常に人(というかハイエナ)を見下しているような態度からプライドの高さや狡猾さが伺えて、そこもすごく好き。


逆に道口さんが演じるスカーはちょっとギャグっぽいんです。
戯けてみせるお茶目さもあって、それはそれで好きーー!



あと、スカーの杖がいい小道具になっていて、もたれかかってみたり、武器にしてみたり。
なんていうかやっぱり韓スカーは色気すごすぎる。
彼の言った「道口さんは全年齢対象、韓さんはR指定っていうの、ほんと、それなっていう。



一番好きな曲は『覚悟しろ』


この曲はスカーのソロ曲です。
この辺りの韓さんは怖すぎて何人か子供が泣いて退場。


なんだろう、無表情のやつがいきなり大声あげたり、ブチ切れたりするのって、怖いよね、それ。
あと最後の笑い声の狂気がトラウマレベル。



だからこそ2幕『スカー王の狂気』の「俺に必要なのは妃だ」辺りの弱さの部分とのギャップが生きていた気がする。
言い方もね、熱に浮かされたみたいにぼーっとした感じで言ってた感じ。


その曲の最後、ナラに求愛して引っ掻かれた後の「お前らみんな俺のものだ」って歌詞が泣きそうに歌ってるように見えて、
「弟…このスカーは間違いなく弟みが強い…!!そしてかわいそう…!」
って思ってしまった…!



そして1幕のクライマックス


初めて観たとき、仕掛けに驚いたヌーの暴走のシーン。
これはきっとアニメでも実写映画でも表現出来ない演出です。
舞台でしか出来ないことって、あるんですよね。素晴らしい。


「シンバが渓谷にいる!」と叫んだ後の「ニヤ」が良かった。
ムファサを突き落とすシーンは、そ…って感じでそれはそれで冷酷でしたなあ…。



Q:その他の萌えたシーンは? A:スカー出てるとこ全部


ザズがある歌を歌った後の「それは、ダメ」の言い方も何ですかね、全部エロいんですよね〜〜〜。



Twitterで見かけた「スカーはザズに甘えてる(意訳あり)」でわたしの色んなものが目覚めそうだった。
そうだよね、別に前王に仕えてた執事なんてハイエナの餌にすることも出来るのに、それをしない、それはつまり、ですよね〜〜!!!
ふて寝してザズからの話を聞いてるスカー様の可愛さにわたしはひれ伏そうと思う。

断末魔の叫びが忘れられない

そしてスカーが死ぬところの断末魔の本気さね…!
食い殺される最期の恐怖と焦りと懇願をとても強く感じて、韓さんすごいいいいい!!って感動しました。


スカーを演じている役者さんは3人観たことがありますが、断トツ。
あれは間違いなく喰われてるやつです…!



カーテンコールの笑顔でオチた


劇中あんなに怖かったのに!!!
カーテンコールの時は満面の笑みで出てくるんです…!!!


仲よさそうにシンバとヤングナラと「ギュッ!」て手を繋いでるし、超ニコニコしながらバイバイしてくれて、わたし陥落したね!!!
道口スカーは、スカーの状態でカーテンコール出てきてる感じだったけど、もうまさしく韓さんだった。中の人は明るい人なんだろうな…!


あとザズもカーテンコールの時めっちゃ首ビヨンビヨンさせてて(人形の方)可愛かった…。



他の役者さんもイイ


その日のシンバはアラジンも演ってる島村幸大くん。
なんかこのシンバめっちゃ優しいシンバでした。
「話って何?」的な台詞の時の甘さったらなかった…キュンとした…。


やんちゃって感じじゃありませんでしたね、ちょっと弱い部分が大きいシンバのような気がしました。
歌の力強さは、前観た時の厂原時也くんの方があったのかな。
でも島村くんもすごく良かったです!!!



ザズはサントラ版の雲田隆弘さんが好き。
執事っぽいザズというかね! アニメ版ザズのちょっと鬱陶しい感じとかすごく自然に演じてらっしゃいました。前世は鳥…?
歌も安心して聞ける。一番好き。異論は認める



正直オープニングだけで観る価値はある


スカー、というか韓さんの話ばかりしてしまったけど、『ライオンキング』はミュージカルとしてとても素晴らしい作品です。
だからこそ、ロングラン公演できるんだろうなぁ。



上演開始前は当然席に座って大人しくしている訳ですよね。
そこからオープニングの『サークルオブライフ』が始まると、もう、そこがアフリカになるんです。


演出もそうだし、歌も含めて、現実からぐっと舞台の世界に引き込む力がとっても強い曲です。
この曲を生で聴くだけでチケット代の価値はある。そう確信しています。
北海道で上演している間、何回観られるのだろうか。楽しい…!




過去の記事で言ったんだけど、来年は観劇の年にしたいと思っています。
遠征もそうだけど、北海道に大きな劇場が新しく出来るので、大変期待をしている!!!


coucou143.hatenadiary.com


さて、覚え書きを元にしたとは言え、あまりにも長くなっちゃってビックリした。
長文失礼しました。以上! またね!