おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

会社でも万年筆を使っていこう計画

f:id:coucou143:20171030104506j:plain




どうも、あかいろです。


最近主にレター関係のものにご執心です。
封筒も切手も全部可愛いよ…どうしよう…。



さてさて。
今回は会社で使う万年筆の話。
以前ちらっと話したこともあるような。。。



 
主に社内で活躍しているプレジールさんの調子が悪い。
不良品とまではいかないけど、あまり引きがよくなかったみたい。


わたしが持っている軸色はバイオレット。
金属のつやつやしたボディは大好き。
なおかつとろんと丸みのあるデザイン、ずっと持っていられる。
PILOTのキャップレスデシモやエラボーにもこんな色の金属軸がありましたね。






このボディに入っているのは後日買ったプレピーなのですが、その当たりが良くなかった。
今入っているペン先は大体の紙と相性が悪い。インクが乗っていかない。
万年筆を使うと滲んでしまうようなコピー用紙がちょうどいい位。


プレジールは紙への引っかかりが強くて、アウトプットしたい衝動まで引っかかっていく感じ。
大げさですけどね。



んーー。プレピー(プレジール)は何本か買って、当たりのペン先を見つけるしかないのかな。
また新しいプレピーに交換してみよう。




今わたしは万年筆を買ったときに1本か1本ついてくるカードリッジのサービスインクを消化中で、プラチナインク消費用はもっぱらプレジール。
ちなみにPILOTはカクノかグランセ、セーラーはプロフィットJr.で、どれも使いやすい。


会社で使う万年筆は、軽めの方が好き。
ラフを書いたりもするので、重いと後ろに持っていかれて、手が疲れてしまうんです。
ガシガシ使いたいからなるべく、鉄ニブを選んでいます。
気を抜くと結構な筆圧をかけていたりしますしね。怖い。



一番は、万年筆らしくないこと。これ大事。
万年筆ユーザーってある種の自意識過剰さを持っていると思うんです。


「あかいろさん万年筆使ってるんだ?」なんて軽く聞かれようもんなら、「ええ、そうですが?(何か!?)」みたいな ※個人の感想



わたしが社内で使用しているのは仰々しさがなく気軽に使えるもの。
デザインが少しカジュアルで、まだ比較的若い自分が生意気に見えないくらいの。


そうなってくるとほとんどが鉄ニブなんですが、唯一金ニブの万年筆で社内用に持ち歩いているのが、PILOT グランセ





気密性の観点からいうとネジ式の方がいいけど、勘合式はさっと取り出してさっと書くことが出来る。その「軽さ」がいい。
細めの軸もすこし女性らしい感じがする。
それでいて渋めのボルドーは職場で悪目立ちもしない。


元々滑らかな書き味なんですが、純正のカードリッジインクを使うとより滑らかに感じる。
気持ちよく書けるので、ずーっと手を動かしていたくなります。



会社でも万年筆を使うようになって、書くということがもっと特別になった気がするんです。
そもそも書くという行為自体最近は少なくなってきがちだけど、意識して筆記用具を使っていきたいと思いました。


メモひとつでも、万年筆を使って書くとちょっと違う。
そういうちっちゃい楽しみを会社の中にも作っていけたらなーと。



何か会社、出先などで使いやすい万年筆があればぜひ教えてくださいね。
以上。では、また!