おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

カフェインを減らす生活を始めました

 



どうも、あかいろです。


突然ですがみなさんは、コーヒー、紅茶は好きですか?
わたしは元々コーヒー、紅茶などの嗜好品が好きで、毎日必ず飲んでいました。


f:id:coucou143:20170105141458j:plain


上記の飲料にはカフェインが含まれています。
一部の日本茶や、コーラ、チョコレート、エナジードリンクなどにも含まれていますね。




どんなものもそうですが、飲み過ぎ、食べ過ぎは良くありません。
毎日最低1杯以上のコーヒを飲む生活を続けたことで、カフェイン依存症の症状が出てきていました。
医療機関での診断を受けた訳ではありません。あくまでもネットなどで調べた知識です



そして、大人になってから酷くなってきた偏頭痛の原因の一つに、カフェインが影響していることを知り、
カフェイン断ちをしたいなとずっと考えていました。



離脱症状というのがあるらしい

しかし、依存性のあるものには離脱症状というものがあります。


カフェインの場合は、摂取して24時間ほどで頭痛などの離脱症状が発生し始め、一番つらい時期は3日ほど続くそうです。
わたしはその症状が辛くて、いつもカフェイン断ちを始められませんでした。




わたしが重い腰をあげるきっかけになったのは、胃腸炎で倒れたこと。



coucou143.hatenadiary.com




このことがきっかけですっかり胃が弱ってしまったので、刺激物を飲食することは出来なくなってしまい、もちろんコーヒーなどの飲料もダメ。
強制的にカフェイン断ちをせざるを得なくなってしまいました。


しかしこのことはわたしにとって良い方向に働いたかなと思っています。
そうでもなければ、カフェイン断ちなんてできませんからね…



ほうじ茶のような低カフェインの飲料は飲んでいるので、完全にカフェインが身体からなくなった訳ではありません。
しかし、朝、仕事の前に必ずコーヒーを飲む習慣があった、以前のわたしに比べると、大分身体から抜けていると思います。
口さみしい気持ちもありますが、そんなときはガムを口に放りこんでいます。



噂の症状については…

さて、離脱症状についてですが、わたしの場合はちょうどウイルス性胃腸炎で苦しんでいる最中に離脱症状が来たので、本当に苦しかったですね。
主な症状は頭痛肩こり



まず、1日目と2日目は頭痛と首から背中にかけての鈍痛が1日中ありました。
初めは発熱からくる頭痛かと思ったのですが、熱を測ってみても全然平熱ですし。
脱水症状でも起こしてるのかと思い水分は摂ってみても直らないし。点滴も打っていたし。


その辺りで、あっ…。と察しました。


ドクン、ドクンと血管が脈打つ、偏頭痛のような症状がずっと続いていて、これは仕事中ならまともに座ってるのもしんどいなってレベルでした。
多分体調不良で臥せっていなければ、確実にコーヒーキメてたでしょうね(表現)



肩こりもひどく、首から肩にかけてバッキバキ。
仕事で一番辛いときでもこんなに凝らないよっていうくらい。
自分でマッサージをしてみましたが、全く効きませんでした。


(今思えば逆効果だったんだろうな…)



楽になってきたのは3日目から

その症状がだんだん緩和し始めたのは3日目の夕方ころから。


後頭部あたりの鈍痛が和らいで、普通に過ごすことができるようになってきました。
身体を休めていたせいで少し眠りすぎていたのか、軽い偏頭痛のような症状があったくらいで、
3日目以降は、特に離脱症状と思われる症状は起こりませんでした。



低カフェイン生活開始

まず、以下の飲料を生活から排除しました。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ココア
  • コーラ
  • 緑茶


調べてみると意外なものにカフェインが入っていたりしてびっくり。


ココアにも意外とカフェイン含有量があり、インスタントコーヒーと同じくらいみたいです。
同じ理由でチョコレートもあまり食べないようにしていました。
…大好物なので、たまに食べてしまっていましたが(笑)


緑茶はカフェイン含有量がそんなに多くないようですが、相性が悪いらしく、
温かい緑茶を飲むと必ず胃痛が出るので控えるようにしました。




初めのうちはコーヒーを飲んでいた代わりにほうじ茶などを飲むようにし、
徐々に麦茶黒豆茶ルイボスティーなどのノンカフェイン飲料に切り替えていきました。
ノンカフェイン飲料は苦みの少ないものが多いため、初めは物足りなさを感じることが多かったのですが、慣れました。




最近はたまにデカフェコーヒーを飲んだりしています。
なかなか美味しいものが多くて嬉しい。


▲今度これを注文してみようかと思う



身体の変化

何となく身体が軽いのです。
朝、起きるときもスッと起きられる。
目が冴えて眠れなくなることもほとんどなくなりました。


毎日飲んでいたときは全く意識しませんでしたが、それでも身体はストレスを感じていたんだろうな、と改めて実感。


まだわたしは感じていませんが、PMSの症状も緩和されるそうです。
カフェインが子宮に良くないことは分かっていたのですが…依存って怖い。



そして月に1回はあった偏頭痛がまったく起きていません。
以前は、少し寝過ぎたりすると必ず偏頭痛が起きていました。
音や光、振動などもダメになるので、動けなくなってしまうのが本当に辛かったので、嬉しい…!


それだけでもカフェインを少なくする生活を始めて、よかったなと思えています。



まとめ

たまに飲む分には、良い効果も多いカフェインも、毎日摂取すると、このような結果になります。
多分わたしはカフェインへの耐性も、あまり強くないんだろうなと思っています。


趣向品のひとつですし、全くなくすというのも寂しいので、たまには普通のコーヒーも飲みたいなと思いますが、
以前のように毎日飲むのは控えようと決意しました。
何事もほどほどに。


徐々に低カフェイン生活から、完全にカフェインを抜く生活に切り替えていきたいと考えています。
その際はまた近況を更新しますね。



以上、あくまでもわたしが感じた、低カフェイン生活の感想でした。
ではまた!






 

広告を非表示にする