おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

カスタム74が好きです

 

 

自分のブログのアクセス解析を見てみたら「子宮頸がん検査 看護師 ブログ おもしろい」とかで検索してる人がいろようですが、ごめん、わたしその人じゃない。

結構検索されているみたいでありがたい。

加藤はいねさん面白いよね。どうも、あかいろです。

 

 

 

最近、万年筆沼に膝くらいまで浸かってきました。

少しバランスを崩せば溺れます。押すなよ!絶対だぞ!

見た目のデザイン、書き心地、全てにおいて使っている満足度が高い筆記用具です。

インクを気分によって変えながら、ゆるっと楽しんでいます。

 

そんな中、お気に入りの万年筆がいくつかあります。

勿論、持ってる万年筆は全部好きなんですが、その中でもより手に馴染むなと感じた万年筆が、PILOTのカスタム74です。

 

 

f:id:coucou143:20160623140056j:plain

www.pilot.co.jp

 

 

 

カスタム74は、本格万年筆の入門編といったところでしょうか。

定価は10,800円。ですがネットでは7,000〜8,000円+税くらいで購入できます。

軸は樹脂製で全長143mm、ニブは14K製です。

 

国内の万年筆メーカーであるセーラーとプラチナからも同じ価格の商品が発売されています。

セーラーだとプロフィットスタンダードやプロムナード、プラチナはセンチュリーなど。

スペックは大体一緒だったように思うのですが、一番癖がないのがPILOT。

試筆してみると、確かに他のメーカーだと一癖というか、なにか特徴があったりするのですが、PILOTは誰の手にも馴染む感じ。

特長がないのが特徴なんて言われているようなので、この辺りは好みかな。

 

 

 

パーカーやスーベレーンなどの海外の万年筆を見てからだと、PILOTのデザインはとても地味に感じてしまいますが、わたしはこの地味さが好きです。

特別でもなく、平凡な日常にもすっと馴染んでくれるような印象。

派手さはないけど、カスタム74のデザインは結構気に入っています。

 

カスタム74の2016年限定 ブラックには、さりげなくヘリボーン柄の凹凸が入っていて、カッコいいんですよ…

でも私の技術じゃこの柄をうまく撮れない…悔しいのでナガサワ文具センターさんのリンクを貼っておきます。

 

kobe-nagasawa.co.jp

 

ぜひリンク先の写真を見てみてください。

ほんと綺麗なんです。渋かっこいい。

 

 

 

一般的なF(細字)から、個性の出るMS(ミュージック)など、全11種類のペン先が揃っています。

 

とあるように、定番商品でありながら、幅広い字幅に対応しているのもカスタム74の特徴。

上位モデルのカスタム742は何と15種のペン先から選ぶことができます。

 

因みにわたしが持っているのはEF(極細)とFM(中細)です。

SF(細軟)も気になるけど、筆圧が高めなので多分使いこなせないと思うなあ…。

 

 

 

実は、わたしが万年筆に興味を持つきっかけになったのが、他でもないカスタム74。

文具店の万年筆売り場には、各メーカーの試筆台が置かれているのですが、まだ1本も万年筆を持っていなければ使ったこともないわたしが、ふと手に取り、この商品の書き味の滑らかさに魅了されました。

普段はジェルインクペンを使っているわたしにとっては、細字といっても結構太く感じたのですが、あまりの書き心地の良さに、ぜひ万年筆を使ってみたい、そう強く思ったのです。

 

実際に初めて購入したのは同じPILOTから販売しているコクーンでしたが、わたしをこの沼に引きずっていったのは間違いなくカスタム74でした(笑)

 

 

カスタム74で唯一気に入らないのが、雨だれクリップ。

何がそんなに気に入らないと聞かれてもちょっと答えられないですが、ふつうのクリップの方がよかった。

ペンシースに入れたとき、ちょっと出っ張るのが気になる…。

 

普通のクリップだとデザイン的に合わなかったりするのかな?いや、そんなことないと思うなあ…

でも雨だれクリップもこの商品の個性なので、それも込みで愛してます。

 

 

 

既に2本持っていましたが、1本追加され、全部で3本になったカスタム74達。

新しく来た1本はtwitterのフォロワーさんからの縁で手に入った、2015年限定 バイオレットなんですよ〜〜!

 

 

紫が大好きなので、ネットで見かけた瞬間に欲しい!と思いましたが、既に2016年の限定が出ていた時期。

発売から1年経ってしまっていて手に入らないと諦めていたので、フォロワーさんが見つけてくださって、すごく嬉しかったです。

twitterってすごい…

 

 

金ペンをまだ持っていない方は勿論、万年筆沼にどっぷり落ちてる方も原点に返って使える1本なんじゃないかなと思います。

近くの売り場で見かけたら、ぜひ試筆してみてくださいね。

 

では、また。