おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

子宮頸がん検診受けてみましたレポ③

 

どうも、あかいろです。

どこで切ったらいいか分からなくて3本になってしまいましたが、今回で最後です。

 

前回までのあらすじ

要精密検査を無視してたけど

色々あったので

病院に行こうと思い立ったよ

 

coucou143.hatenadiary.com

 

 

さて、どこの病院に行こう

初めに受けたがんセンターに行くのは絶対嫌だと思ったので、改めて違う病院を選ぶところから始めました。

婦人科に行くのは初めてなので、どこが良いかなんて検討もつきませんでしたが、わたしはこんな要素で病院を決めました。

 

①通いやすい

今回の検査結果によって長期的に通うことになったとしても、不便ではない位置にある病院であること。

なので、自宅と会社の間くらいにある駅が最寄りの病院を選びました。

 

そしてもう1つ重要なのが土曜も診療可能だということ。

これを条件に入れると一気に半分くらいに減ってしまいました。

悲しい…。

 

②女性医師がいること

もし子宮頸がん以外のことを相談することになったとしたら、女性の医師がいた方が安心かと思って。

親身になってくれる医師であれば男性でもいいけど、前回…よくなかったから…。

 

③HPが親切だった

わたしが選んだ病院は、婦人系の病気やその治療法についてHPで詳しく説明していました。

とても分かりやすく、また、費用のことについても書かれていて、安心して向かうことができました。

そして、WEB予約にも対応しており、最近の病院って便利ー!と感動。

 

 

精密検査ではなく「再検査」に

初診の場合は電話での連絡が必要とのことだったので、その際に以下のことを伝えました。

 

  • 以前受けた子宮頸がん検診でASC-USという結果だった
  • 精密検査を土曜に受けたい

 

そうすると「精密検査は曜日が決まっていて土曜に受診することは難しいですが、前回の検診から日があいているようなので、もう一度同じ細胞診を受けてみませんか?」と提案していただき、再検査ということになりました。

 

 

受診当日

婦人科についてからの流れは前回と変わらず。

今回は、とても明るい印象の女性医師が担当でした。

検査に入る前の問診(今回はありました)で、こんな言葉をかけてもらいました。

 

「もし今回の結果が前回と同じだったり、もっと悪化していたとしたら、次の検査に移りましょう。

ですが今日から改めて検査したとしても、遅いということはありませんから、安心してくださいね。」

 

すごく自業自得なのですが、検査をすっぽかしたせいで取り返しのつかない状況になってしまっているのではないかと、すごく不安でした。

明るく優しい言葉をかけてもらったおかげで次の検査への不安が少し収まった気がしました。

 

超音波検査」も同時に受けてみた

以前は受けていなかったので、追加で受けてみることにしました。

友人がチョコレート嚢腫で倒れ、緊急手術一歩手前になったことがあり、自分自身の身体も心配だったので。

こちらの検査については特に問題なしとのこと。

「子宮内は綺麗みたいですね。心配ありませんよ」と言われて安心。

 

改めて再検査

前回は結構素早い動きをされて痛かったので、身構えていたのですが、今回担当してくださった医師はとても丁寧で一回一回声掛けをしてくれたので、嫌な印象はありませんでした。

痛みについても特に変わりなく、一瞬痛みを感じるくらいで、さほど辛くありませんでした。

やっぱり担当医師で異なるみたいです。

この病院なら、もし何か異常が発見されたとしても、きちんと治療していきたいなと思いました。

 

結果が出るのは1〜2週間後と言われ、帰宅。

前回同様、郵送するとのことでした。

 

当日掛かった費用は、子宮頸がん検診については札幌市の補助を受け、安く済んだので、初診料と超音波検査代を含めて2,900円

思ったよりお安かったです。

 

 

そして再検査の結果は

検査結果は思ったより早く届きました。

ドキドキしながら結果を確認すると、NIML(ClassⅠ):異常なし!

 

今回学んだのは「自分を健康だと過信するのは危険」だということ。

運良く再検査で異常なしだっただけで、数年後の検診でまた引っかかる場合もあるでしょうし。

 

再検査の際に医師から言われた言葉で1つ心に残ったこと。

 

「細胞診で変化が見られた細胞もほとんどが体外に排出されたり自然治癒します。

だからそんなに心配することはないと思う。

ただ、細胞は時間をかけてがん化していくものだから、治癒する過程のものなのか、悪化する過程のものかは分からない。

ですから、今回の結果に関わらず定期的に検診を受けてくださいね。 」

 

婦人系の病気はゆっくり進行するものが多いようです。

が、その分定期検診を受けることで早期に治療することも可能です。

なので年に1度は子宮頸がん検診や超音波検査などを受けようと心に決めました。

 

 

最後に

一度も婦人系の検診を受けていない方がこの記事を読んで、行ってみようかな?と思ってくれたら嬉しい。

 

ネットには不安になる情報もたくさん存在します。

それに異常なしだった場合、安心して忘れちゃうから、ブログに書いたりしないよね。

けど、要精密検査から異常なしという場合も現にありましたし、そうそう大事にはならない!大丈夫!と少し楽観的になって行ってみてください。

くれぐれもわたしのように放置したりしないように!お姉さんとの約束だよ!!

 

以上、長くなりましたが、子宮頸がん検診受けてみましたレポはおしまい。

読んで下さった皆さん、ありがとうございました。