おしゃべりぼくろ

手帳と万年筆と毎日を綴るブログです

寒いよ、札幌

 

てなわけで。
寒いんです。札幌。
 
 
まだいけるっしょーとか余裕ぶっこいてたらこのザマ。
はい。最低気温が1桁です。
2か月くらい前までは職場で、今日も暑いねーとかて話してたのに、なんてこったい。
 
 
最近1か月に1回のペースで風邪をひいてる。
先月は高熱も出たっていうのに、またひきそうな予感がするなあ…
 
 
ちなみにわたしは喉からくるタイプ。
喉がちくちく痛み腫れ、熱が出て、咳、くしゃみ、鼻水の順に終結します。
いつもこのルートで、風邪の諸症状すべて網羅するあたり、いやらしい。
全部こなさなくていいわ。
ショートカットしろ。
 
 
なので喉に効く薬は常備しています。
中でもよく飲むのが漢方薬
市販の風邪薬は強く効きすぎて、眠くならないタイプでも頭がぼーっとしてくるし、薬が効いてる時とそうじゃない時の差が激しくて疲れちゃう。
漢方薬はゆるく効く分、長く効くような感じ。
なにより身体にやさしい気がします。
 
 
喉に効くのは甘草湯と銀翹散。
甘草湯のほうが穏やかに効くので、風邪のひき始めに飲むのがいいと思います。
腫れが酷いときは銀翹散を服用することが多いです。
すぐ腫れが引くわけではないけど、痛みは大分和らぐから助かる。
けどどちらも浮腫みやすいので要注意。
 
 
あと間違いやすいのが薬を飲むタイミング。
病院で処方される薬の多くは食後ですが、漢方薬は大体食前です。
わたしは大した説明書も読まずに食後に飲んでいたら全然効かなかった、という経験があります…笑
 
 
だんだんと寒くなってくる季節。
風邪は防ぐのが1番ですが、もしひいてしまった時、漢方薬も試してみてね!
 
 
広告を非表示にする